今週の激推し推奨馬!

競馬予想家になるべく猛勉強中!調教メインの予想で穴馬を導きだします。貴方の予想のエッセンスにぜひ参考にしてください。

【回顧】2歳女王返り咲き!エリザベス女王杯 2019

f:id:jura777:20191111125503j:plain


返り咲き

春の花が小春日和に誘われて季節でもないのに、花を咲かすこと。人が忘れた頃にポッと花を咲かすこと。


まさにこの言葉がピッタリなレースでした。
幸運の紫の花が約2年ぶりに花を咲かせました。
ラッキーライラックおめでとう!!


と、たまにはくさい入りから。
エリザベス女王杯ってレース名からして好きなレース。今年はこれぞGⅠと思わせるようなドラマティックな結果でした。


1着ラッキーライラック

3歳馬を軽視していけば古馬の筆頭格だったのかもしれないですが、私は内枠というのが引っ掛かり本命にはできず。


あと調教でも直前追い切りはスミヨンが乗ったのですが、若干うるささを見せてたので乗り替わりもどうなんだろうと思い評価を下げてしまいました…。1週前の助手さんが乗った時はすごく良かったのですが。


距離に関しては2200mまでなら許容範囲と思っていたし、むしろマイルは短いくらい。この馬のベストパフォーマンスは中山記念だと思ってて、この時くらい四肢を伸ばしてのびのび走らせてあげるのが理想。それを今回は内枠だし、上手く走れないのではないかと思ったのも間違い。


内をロスなく周り馬にも囲まれず、折り合いも全く欠くことなく上手くレースしてました。一時ピリピリしてる時期もあったので、血が騒いだかと思ったのですが、さすが松永幹夫厩舎。牝馬の扱いお手のもの。


後半の急な加速ラップに乗りながら、直線入ってからポッカリ開いたインをつきました。4コーナー地点でクロノジェネシスより後ろにいたのでさすがの瞬発力としか言いようがないですね。久々にこの馬のキレを見た上がり32.8秒。お見事でした。


2着クロコスミア

この馬はほんといつでも自分の走りをしっかりやる馬。浮き沈みの少ない馬だと思ってます。メンバーが違ってもペースが違っても、己の競馬をやり通しますね。昨年も逃げて、さすがにリスグラシューにつかまったものの、3着モズカッチャンには3馬身差。スローで逃げれれば今年もチャンスありと思いました。

今年は昨年よりも1秒も遅いラップ。
幸運にもラヴズオンリーユーが番手つけたものだから、それ以上前に誰も出てこずスローのまま楽に逃げることができました。レースの早い段階からこれは残るなと思いましたね。特筆することもなく、今回もこの馬のレースをやりきりました。


3着ラヴズオンリーユー

ディープ産駒なのもあるけど、まだ体が華奢な感じを受けました。成長の余地あると思うので、完成しきったらどんな化け物になるか楽しみです。


レースは誰も前に出ていかず牽制しあう中、スピードを抑えきれず出ていってしまいました。デムーロも無理に引かず、そのまま番手で競馬したのは正しい判断だったと思います。


さすがにスローな流れからの淀の坂下りつつのペースアップ。経験の浅い馬には厳しかったのではと思います。直線よれたのは体ができきってないせいなのか、久々分か、バテたのか分かりませんが芝も禿げだしてたのでこの馬には合わなかったと思うし、色々考慮しても3着に入れたのは力ある証拠だと思います。無敗に傷はついてしまったものの、父ディープですら敗北を味わっているのだから仕方ない。


やっぱり調教気になった古馬を追っかけまくった猛時計、あれがこの結果を物語ってたのかな。本命にしてたので何とか3着凌いでくれて良かったです。予想家としてはダメダメですが…。


4着センテリュオ

この馬は京都適性あるし、ルメール乗るしでかなり悩みましたが絶対的な能力が他に印つけた馬と比較したら足りないと思ったので買い目からは外しました。


ですが、道中は終始手応えよく、ルメールも早いうちからスローな流れを見越して早めにポジションとりにいきラストもいい伸びてこようとしました。前走の新潟記念の直線が案外だったので、直線長いコースよりも一瞬のキレを問われるコースの方がいいかしれません。GⅠでスローとはいえ、これだせやれたので牝馬戦線では今後も要注目点の馬だと思います。


5着クロノジェネシス

一番ガッカリしたのと同時にやっぱり北村友だなと落胆しました。まぁ2200mが適距離とも思えないし、これまであまりスローで走っていないのでそこは気になりましたけどね。タフな流れになって味の出る馬かなと。上位組のトビの大きさと比較すると成長したとはいえダイナミックさ欠けますね。


レース間隔つめたのも初めてだし、色々いい経験になっていけばと思います。いよいよ3歳世代弱い説が濃厚になりそうな気配…調教よく動いていたことを評価したのですが、それが逆に良くなかったのか。前走より明らかに状態上向いてると思ってました。


では!

【回顧】ファンタジーS 2019

f:id:jura777:20191105194050j:plain


重賞たんまりあるので、サクサクいきます。
2本目!簡単に書くつもりだけど、書き始めると気持ちが溢れだして結局長くなるかもしれないです。


ほぼ自分用メモなので、くっど!と思う方は今すぐこのページから離れてくださいね。


1着レシステンシア
これはパドック見てなかったら、完全に見落としてました。まだ新馬上がりだったし、これといった強調材料もないかな…と思ってしまいました。


が、まずパドックが一頭ズバ抜けて良かった。
次に血統。半兄にミッキーブラックがいるじゃないですか。見落としてました。お兄さんも仕上がり早くて新馬勝ちしてるし、1走挟んで3戦目には京都2歳ステークス出て4着。パドック見てなくてもこれだけで十分買い材料


さらには新馬戦。
私、これ回顧し忘れたのかノート見ても騎手コメントくらいしかメモされてなかったんですよね。ファンタジーSのレースぶりが2戦目とは思えないくらい良かったので、新馬戦見てみたのですが初戦からものすごいセンス高いレースしてましたね。スタート良し、二の脚良し、コーナリングも自分から曲がっていく。何も教える必要がないくらいの出来。


これだけ揃って単勝13.6倍はお宝だと思います。
パドック見たから3連複の相手に入れたものの、この馬を最初から入れてないのは反省です。


レースぶりは新馬戦と同じコースというのもあり、同じような形で走り、前半33.7秒とやや速めのラップなのもあり前がバテてく中最後まで伸びて快勝。もう自分でレースを分かりきってる感じがして、北村さんも手綱ゆるゆるだし乗ってるだけに見えましたね。北村騎手はほんといい馬に恵まれてる。


特に書くことないですが、デビュー戦は台風後のタフな馬場でしたがそれでも快勝してたので良馬場になってより走りやすかったでしょうね。時計も2秒も縮めてます。


早熟かもしれないですが、なかなかいい馬だと思います。


2着マジックキャッスル
小柄な馬なので初めての遠征がどう出るかなと思いましたが、さすが国枝厩舎。何の問題もなかったですね。


過去2戦は前でレースしてましたが、今回は前が忙しくて先団にとりつけず。でも馬込みも経験できたし、華奢な体でも淀の坂もスピード乗せたまま下れたし、いい内容のレースでした。直線前が空いてからはディープ産駒らしいキレを見せました。この馬も完成度高い。


3着クリアサウンド
調教が抜群に良かったので本命にしました。
レースぶりは特に何が悪いところもなく、良かったのですが新潟2歳ステークスと比較すると体が伸びきってない印象がありました。


走法的にマイルくらい距離あった方がいいように思いますし、小回りよりも直線長い広いコースの方が向きそうです。2回重賞使って好走してるので、相手なりに走る馬ですが伸びしろがあるか…は悩ましいところです。


4着ヤマカツマーメイド
調教で悪くはないと思ったのですが、併せ馬がよく動いていたので物足りなさ感じて評価下げました。時計のかかる馬場ならと思ったけど。母系のグラスワンダーが出てるのかな。シュッとキレるタイプでなくじわじわ伸びるのが魅力も、直線は伸び欠きましたね。


5着ヒルノマリブ
デビューは札幌で滞在競馬。今回はテンションが違ったとのこと。スタート出れず後ろから。直線入ってから伸びてくるも届かず。レース慣れが必要か、違う条件の方がいいかもしれない。


シャレード、期待してたのに見せ場なく。
インをロスなく回って直線もぱっかり前開いても伸びず。気分的なものでしょうか。行きっぷりは良くなかったけど。


ラヴォアドゥースも楽しみにしてたけど、まだトモが足りないです。上のクラスではまだ厳しそう。


では!

【回顧】京王杯2歳ステークス 2019

こんにちは!
土日はJRAで重賞4戦、月曜はJBC競馬ファンは忙しく楽しい週末でしたね。


地方は専門外ではありますが、地方重賞は今年よく見ていたので予想販売させていただき、JBCスプリント以外は全的中。もっと宣伝しておけば良かったと後悔してます。競馬の魅力は色々あるけど、まず馬券を的中させることなので、今回は年1の祭典だったし絶好の機会でしたよね。


そんな私情はいいとして、重賞回顧やっていきます!


京王杯2歳ステークス
10頭立てとGⅡにしては寂しい頭数でした。
結果はタイセイビジョンの差しきりレコードVでした。


1着タイセイビジョン
前走函館2歳ステークスでこの馬強いと感じました。直線よく伸びるんです。キレがある上に血統もノーザンダンサー系×母父スペシャルウィークと底力のありそうな配合。おそらくですけどマイルもいける気がします。


坂での加速はまだ足りない感じがするので、力つけてきたら面白い存在になりそう。馬体ももう少しガッシリしてくるといいです。


2着ビアンフェ
今回+24kg、ひと夏越しての成長分にしてもお腹ラインもたぷたぷだし馬体にメリハリがない。534kgで1400mであんなに楽に先手とれるのも珍しいと思います。今回は主張したい馬がいなかったせいかもしれないけど。


ビアンフェが逃げたせいか、そこまでペースは速いように見えませんでしたが終わってみればレコード。まぁビアンフェのラップというより、タイセイビジョンの残り200mの伸びに因るところが大きいとは思うも、それでも休み明けの仕上がりきってない体で逃げて2着は十分な内容。


前走は馬っ気がすごくてゲートもなかなか入りませんでしたが、今回は落ち着いてました。体と共に心にもゆとりが出たのかもしれません。


3着ヴァルナ
鞍上がスミヨンでなければグランチェイサーの方が先着した気もします。馬も力はあると思いますが…


初戦は直線で尻尾振り回して怒る仕草見せて、前走は気分よく逃がしてそのまま。今回どんなレースするのかと思ってましたが、スミヨンに上手く修正してもらって何とか真っ直ぐ走れてました。この技術に脱帽です。


直線馬込みでキョロキョロしたり右に行こうとしたりしてるのですが、それをスミヨンがインに切り込んで埒沿い走らせるんですよね。最後は右に左に鞭入れて修正しつつ3着まで。この馬に学習能力があれば、今後に活きてくるレースだったと思います。ただ何だコイツ、鞭入れすぎ!としか思ってなかったら分からないですが。


4着グランチェイサー
前走は怒り狂っての大敗なので度外視してもいいと思ってました。新馬1400mでは史上最速時計持っていたのでスピード決着に耐えれるはずですが伸び負けましたね。3着までは乗り方次第では入れたと思いますが、今回は真面目に走れてよかったです。


調教の動きがよかったのでマイネルグリット狙いましたが、高速時計に全くついていけず…過去2戦は重馬場だったし、良馬場のフェニックス賞にしても前半は速いものの後半は11秒後半のラップ。


デビューはマイルだったので距離が長いことはないも思いますが、時計が速かったに尽きるかな。


では!





f:id:jura777:20191105102416j:plain

【調教予想】KBSファンタジーS 2019

f:id:jura777:20191101102617j:plain


おはようございます。
11月ですね。2019年も残すところあと2ヶ月。
この時の流れの早さ…恐ろしいです。


あと2ヶ月か。
有馬記念は回収率100%で迎えてドカンと行きたい。けど、有馬記念そんなに得意じゃないんだよな…(笑)2018年もブラストワンピースを距離不安で切ってたし。今月頑張ろう!


さて調教予想。
超簡易版ですが、書いてみます。
よく見えた馬のみの短評です。


シャレード
芝掘り返すくらいの脚力。今週は軽め。
本気で走るか、もう少し時間かけたらさらに良くなりそうなフォーム。


・エレナアヴァンティ
霧がすごくてよく見えませんでしたし、重のせいか時計も出ていなかったですが、動きそのものはいいフットワークに見えました。渋った馬場か時計のかかる馬場の方が血統的にも魅力ですが、さすがに今週は晴れですかね。


・ヤマカツマーメイド
併せてる馬(古馬2勝クラス)の動きと気配が良くて、見劣りするも好時計でまとまってるし、動きも及第点。落ち着いた雰囲気がある。


・モズアーントモー
おそらく馬券には入れませんが、一歩一歩しっかり踏み込んで力強い坂路。稍重で時計も出ていないし、ここではといったところ。


・マジックキャッスル
こちらも霧で動画が中途半端な上、計測もなし。
一瞬映った姿はすがるい動きでした。


・クリアサウンド
もっと上体を低くして走るといいのかなと思いますが、気迫と時計が○脚の回転も速い。短い距離が合いそうな走りで、1400mも良さそうです。


このレース、昨年はダノンファンタジーが制したレース。今年もここからGⅠ馬が誕生するか?!


では!


Twitterやってます!


noteでも予想配信、馬券術配信中!

【回顧】天皇賞秋 2019 続き

f:id:jura777:20191028172904j:plain


いつまでも興奮してると回顧が終わらないので、ここからは簡易的に。


3着アエロリット
今日も安定の逃げ。マイル以上でこの馬のスタートからのトップスピードについていける馬はいないと思う。モズスーパーフレアと競らせたらどちらが前に行くんでしょうね。


この馬もすごくストライドが大きいんですよね。
だから他の馬より前につけられる。


思ったよりも飛ばさなかった…というか、思ったより皆がアーモンドアイとサートゥルを警戒して前に行ったものだから、あまりリードがとれず。


前半59秒、ふつうなら速いラップですがアエロリットなら逃げ切れる時計。この馬何がすごいってHペースで逃げてもなお直線で盛り返そうとするところ。前走のインディチャンプに並ばれてもうひと伸びしたのにも驚きましたが、今回もさすがにアーモンドアイには食らいつけなかったものの、サートゥルはねじ伏せ、ダノンプレミアムにはかなり競ってましたからね。本当に力のある馬です。牝馬でここまで安定して力出せるのも、素晴らしい。


4着ユーキャンスマイル
スタートは速くないし前にいけるような馬もではないので、後方そのままも考えましたが無難な乗り方しましたね。あわよくばも狙っていた気もしますが、あの位置では難しいです。


左回りは本当に得意ですね。
次走どこ使うか分かりませんが、2000mが
適距離と思えないので延長で狙いたいです。


5着ワグネリアン
枠の時点で若干諦めてました。
馬体重の-10kgも少し細く見えたし、トモの感じが足りないように思いました。ひと叩きして次走かな。


その他気になったのは、サートゥルナーリア。
6着…。スタートはさほど早くないも、スミヨン騎手のさすがと思えるコースどり。打倒アーモンドアイ一直線。10番枠と恵まれませんでしたが、それでも最短距離であの好位置をとったと思います。


直線残り200mくらいかな?ギリギリまで粘っていましたが余力なく。これまで自分中心の競馬しかしていないし、ペースもさほど厳しくもなかったのでこのメンバーではこういう結果になるかなと思い、私は3番手評価でした。菊花賞出した方が良かった気がします…3000mとはいえ、実質瞬発力勝負みたいなところがあるから、水準くらいのスタミナがあればこなせたような気もしますけどね。タラレバはご法度。


アルアインも全力で走ってましたね。
枠も悪いしここは諦めたらと思いましたが、ずっと外回り続けて最後は馬群に沈む。サートゥルと同じくこの馬には今回の秋天のペースは合わない。力負けとは思ってないので次走も調子良いようでしたら狙いたいです。


復習終わり。


最後に、私が買い目に入れるとなぜ神騎乗をしてくれない!横山典さん!!


では!

【回顧】平成最後の3冠牝馬 敵は己のみ!圧巻の天皇賞秋 2019

f:id:jura777:20191028084625j:plain


おはようございます。
昨日はすごくいいレースを見せてもらいました。
アーモンドアイは日本馬最強ではないかと思います。誰が負かせるのだろう。


走る度自分の壁を越えていくような馬。
今回もレース後フラついたみたいで、身体が心配です。3歳時はくりくりな瞳が可愛い印象でしたが、ひと夏越して大人っぽさも出てきました。競走能力もさることながら、彼女はメンタルもすごい。


何にも動じない。
すごく闘志を感じるタイプでもない。
天才なんでしょうね。gifted horseなんだと思います。神がかり的な強さを感じる馬です。国枝調教師も恐ろしいくらいと仰っていましたが、ほんとにそう思います。でもこの怪物感を緩和させるのが、あの可愛い顔と綺麗な馬体なんだろうな。回顧の前にアーモンドアイへの愛が溢れてしまってますが、Twitterでもパドックでつぶやいたけど、私はあの仔の皮膚感がすごく好きなんです。薄そうでいつもピカピカで艶があって、ビロードみたいな美しさ。同じ時代に生まれてよかった。


さて回顧。


1着アーモンドアイ

絶好の2番枠。ほんとに枠番って抽選してる?と疑いたくなるような枠順。しかも両サイドはテンの速くないカデナとケーアイノーテック。鞍上も藤岡佑騎手と幸騎手の温厚安全コンビ。


決してスタートはいいとは言えないので、スタートでもし出遅れると…とは思いましたが、東京2000m最初のコーナーまでが短いのでここで内枠で出遅れようものなら致命的なのはルメールも百も承知。心配も虚しく完璧なスタートを決めました。


それを見て各馬アーモンドアイより前に行こうと先団はごった返してました。アエロリットが意外と逃げなかったんですよね。それによって、余計に先頭からアーモンドアイまでの各馬の間隔狭いこと。


普通のレースなら、これだけ前がやりあってペース速いと後続勢にチャンスがあってもいいのですが、まず無理ですね。あの位置にアーモンドアイがいてバテるはずがない。


直線向くまでずっと包まれ、斜め前にはガッチリマークのサートゥル。どこに進路とるのかと思っていると、前を行くアエロリットがヨレ始めた隙を逃さずインを選択。このルメールがインで行くと決めた瞬間、アーモンドアイにgoサイン出した瞬間…めちゃくちゃ痺れました。テレビ観戦でしたが震えましたね。


内に進路とって抜け出すとフラフラしてる馬たちを尻目にものすごい脚で抜け出しました。あのハイラップで2000m走り続けてあんな脚見せられたら、もうビックリですよね。強い、ただ強い…それだけ。


自分の限界を越えて走ってくれ、感動を与えてくれて有難う!素晴らしい挑戦でした。調教予想で書きましたが、この馬にしては動きは足りなかったです。普通のGⅠ挑む馬なら十分な調教内容ですが、アーモンドアイはもっと良い時は飛んでるかのように伸びるので、それと比較すると物足りなさはありました。ルメールも8分の出来と言っていたので、香港なのかJCなのか次が本番なのでしょうか。


合わないとは思うも、有馬記念でアーモンドアイの走りを見て2019年締め括りたいですけどね。


2着ダノンプレミアム

レース中ずっとアーモンドアイ見ていたものだから、直線どこにいた?と思ったくらい。安田記念の大敗からよく盛り返してきました。調教で走り方が変わってきたなと思いましたが、マイル以上も対応できるかもしれません。東京2000mが特別なのかもしれないけど。


安田記念ではパドックで変な汗をかいていたのでそこから気にはなっていましたが、スタートで激突を受け直線ででは走る気なくしたのか失速。今回はアーモンドアイと同じローテで挑んできましたが、休み明けもなんのそのでした。多少のうるささはありましたが、パドックは落ち着いて回れていました。


サートゥルがアーモンドアイの前を塞いで、斜め前にダノンプレミアム。アーモンドアイが前に行けないように完璧な布陣。本当はもっと楽な流れのレースが合うと思いますが、この厳しい流れの中でよく2着まで粘ったと思います。ルメールも称賛に値しますが、川田騎手も最高の騎乗だったと思います。あれ以上無理していたら2着も危うかったと思うし、ダノンの能力を最大限引き出した騎乗だったかと。直線も限界だったのかフラフラしてましたし。


朝日杯で感じた強さは本物。
川田騎手は最高の騎乗しても毎回2着までですね。
昨年JCのキセキといい、今回といい。でも素晴らしいレースぶりでした。


長くなりすぎなので3着以降は別記事にします。
では!